夫婦で争奪戦?!大掃除における報酬制

ご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、大掃除ってしていますか?

そんなの当然!という方、まあ、なんとなくね、という方、普段からちょこちょこしているので大掃除はしないという方までいらっしゃると思います。

我が家は「まあ、なんとなく」派であり、11月下旬くらいからドラッグストアで掃除道具や洗剤をちょこちょこ買ったりして準備だけは万端にしています。

しかし、掃除という行為そのものは、はっきり言って特に好きではありません。もっと正直に言えば、可能ならば誰かにお任せしてしまいたい。というズボラな性格です。

 

大掃除を業者に頼むといくらくらい?

と、いうわけで、いくつかサイトをみましたが、普段もおせわになっていて、料金体系がわかりやすかったダスキンのサイトからご紹介。ふむふむ。浴室やキッチンなどの個別プランから、家じゅう丸ごとの「ハウスワイドサービス」などのプランがあります。

とりあえず、我が家の条件として、1戸建て4LDK、水回り(キッチン・レンジフード、バス、トイレ、洗面所)に窓ガラスがついたAプラン、で標準料金をみてみました。ざっくりですが、

  • 首都圏近郊+α 118,800円(税込み)
  • 地方       108,000円(税込み)

首都圏近郊とは、

東京神奈川(Sエリア)、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・奈良・京都・大阪・兵庫・和歌山(Aエリア)

地方は、北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟・山梨・長野・富山・石川・福井・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄(Bエリア)

となっていました。地方だと少しお得ですね。とはいうものの、10万円越え。ボーナスがたくさん出たご家庭はもしかしたらGO!かもしれませんが、うちにはボーナスは存在せず。やはり自分たちでやるか…と諦めの境地になりました。

外注したと思って、報酬制にしてみました

しかし、自分たちでやるとしても、労働は発生しているわけです。ドラマ「逃げ恥」でも、家事に相応の対価をつけていましたよね。家族になったからと言ってそれをしないのは「好きの搾取」とまで言っています!

そう、大掃除を無償でやるのは「家族への愛情の搾取」だ!…ということにし、外注したことを考え、自分たちに報酬を与えることにしました(笑)家計から、個人のお小遣いへの資金移動です。家庭内でまわすだけです(笑) ただ、さすがに10万円以上は出せないので、だいたい半額の6万円の報酬で大掃除をすることにしてみました。

例えば、家中のカーテン洗濯で1000円、トイレ掃除で2000円、エプロン外しやカビ取りが大変なお風呂掃除で4000円など、大変さを考慮しててきとう(ズボラですからね)な値段をつけ、家中全てで6万円になるように設定します。

それを表にし、開始日と終了日、担当者名の欄を設けます。あとは目立つところに貼って、おしまい!掃除をしたら記入します。ただし、報酬が支払われるのは全ての欄が埋まってからということにします。そうじゃないと、やり残す気がするので・・・(どこまでもズボラ)

ちなみに、子供にもお手伝いさせる予定ですが、それは別枠で、自分たちのもちものをきれいにしてもらう予定です。(報酬はおやつ)

いよいよ大掃除の本格始動、がんばるぞー

やはり人間、重い腰をあげるのには何らかのご褒美が必要なこともありますよね。この時期、大掃除はママが一人で頑張るというご家庭もあると思うのですが、家はみんなで使うもの。少なくとも夫とは一緒に頑張りたいものです。

細かく場所を分けておくことで、1日1箇所など少しづつできるし、進捗状況がお互い見えます。夫は最近株投資を始めたので、資金にしようと高額の場所からねらっているそうです(笑)これは、争奪戦になる予感…。

掃除は精神統一の修行とか、おうちを労わるのに見返りなんて求めてはいけない!とか、子供の教育上よくないとか、色々ご意見もあると思います。みんなで頑張ってそのあとに美味しいものを食べに行く!それも良いですね。そもそも普段からちょこちょこやっていて大掃除をしないご家庭もあるかもしれません。

多分それぞれに正解があると思います。わたしの意見を押し付けるつもりは全くありませんので、こんな家もあるのねー程度に思っていただければ幸いです。それぞれのご家庭でみんなが年末年始気持ちよく過ごせるとよいですね。

 

 

↓我が家では定期サービスを利用しています。


↓見積もり重要ですね




↓登録してみました。ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。