コインチェックが…

毎日寒いですね。

そんななか、心、いや、まで寒くなる出来事がありました…

コインチェック、ハッキングされる

仮想通貨をやっていない方にはあまりなじみがないニュースだと思いますが、

コインチェックというのは、日本における仮想通貨取引所(販売所でもある)の大手です。

仮想通貨といえばビットコインですが、それ以外にも多数種類があります。

ただ、国内で多種類取引できる会社は多くなく、コインチェックは種類が多く取引しやすいということもあり人気が出て、

2017年12月の月間取引額は現物取引額ベースで3兆円規模となっていました。会員登録数も100万人以上と、多数の人が利用していました。

わたしも、結構な額を入れていましたよ… 😕

  • 1月26日未明に仮想通貨の1つであるNEMという通貨が不正に外部に送金
  • 会社が気づいたのが11時25分
  • NEMの取引停止
  • 26日深夜記者会見、ハッキングされたことを確認。現在は日本円含めすべての取引、出金停止 ←いまここ

いやー、ま、ま、まずいですね

この流れ、どう考えてもタダではすみません。

コインチェックが保有しているNEMのほぼすべてが盗まれ(580億円相当)たようです。

日本円も出金できない事態に!

今回被害にあったのはNEMだけですが、現在、日本円を含め他の通貨も全て取引・出金できません。

出金可能になった瞬間、顧客が逃げ出すのは目に見えているので、そうなると一気に運転資金もなくなり倒産するしかなくなるので
現在のところ仕方ない措置だとは思いますが…

今後のコインチェックの可能性は?

コインチェック自前の財務でカバーできない場合は

一番望ましいのは、他社からの救済(身売り)→顧客の資産保護

ですが、それがかなわなければ経営破綻もありえます。一円も帰ってこない可能性も…

仮想通貨は取引所に置いておくべからず

まさに、自分への戒めです…。

取引所はセキュリティ的に問題があるので、仮想通貨は取引所から取り出し「ウォレット」といういわばお財布に保管しましょうとされています。

  • ホットウォレット:オンライン上サービス。ハッキングゼロではない。
  • ペーパーウォレット:実際に紙に印刷してオフラインで保管。紛失、破損したらアウト
  • ハードウェアウォレット:専用の端末にオフラインで保管

私の場合そんな大金を入れているわけではなかったので、取引所に置いていたのですよね・・

2段階認証もしてハッキング対策としていましたが、今回みたいに取引所自体が機能しなくなるとどうしようもない…

気を取り直して、日々勉強です

まあ、こうなったからにはこの件に関して自分ができることはないので、放置します(笑…えないけど)

これを教訓にして、資産運用を引き続き頑張ろうと思います。

ほんと、人生いろいろです。(遠い目)

 

↓こんなわたしですが、ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。