初めての子供のアート教育に!ついでに大人も名画を学べる本をご紹介

こんにちは!

前回更新からだいぶ間が空いてしまいました。

専門医試験の勉強や仕事+子育てで疲れ切っていまして

唯一の癒しがAmazonプライム・ビデオでみる「メンタリスト」でした :mrgreen:

殺人事件ものなのに癒しって・・・。自分でも軽くひきますが・・・

いえいえ、主人公の笑顔に癒されていたのかもしれません(笑)

ジェーン、かっこいいです。

Amazonプライム・ビデオでシーズン7までぶっ通しでみている最中です。

「おはなし名画シリーズ」は親子で楽しく学べてオススメです!

 

みなさん、一般教養として絵画についてどの程度知っていますか?

わたしは、高校時代に世界史や美術の授業でちょっと勉強した程度。

大人になって海外旅行で美術館に言ったこともありますが、

「へえー、本物そっくりですごいなあ」

「あ、この絵すてきだなあ」

くらいの、浅い鑑賞しかしていませんでした。もったいない。

でも最近、子供にいわゆる「お勉強」になってしまうまえに色々な分野の基礎知識をなんとなく持たせたいなあと思い、様々な分野の子供向けの本を入手しています。

子供向けだけあってもちろん中身は簡単ですが、大人の学び直しの導入にはぴったりでとてもおすすめです。

 

画家の生涯と作品がストーリー仕立てになっているのでわかりやすい

 

絵画って〇〇時代の〇〇派・・・

とか、

〇〇という技法をつかって・・・

などの難しい言葉や、

いきなり裸婦

みたいな良くわからん的なものも多く、正直なところ苦手意識がありました。

でも、この本は画家のおいたちから伝記ふうに始まり、とたんにひきこまれていきました。

たとえば、

マネは小学校のころから学校の勉強が大嫌いでした。・・・おとうさんがそれを許してくれないので、見習いの水夫として船に乗ることにしました。

 

船乗りになってまい日まい日海をながめているうちに、マネの胸のなかで画家になりたいという気持ちがますますふくらんでいきました。 (「モネとマネ」 より一部省略して引用)

など、子供が読んでも共感できるような内容、文体で進んでいきます。

代表作がうまれるに至った背景や、作品そのものの簡単な説明もわかりやすい。

結婚や病気など、画家個人の一生をとおした説明があることによって、作品がよりいっそう味わい深いものになります。

大型本で絵がたくさんなので、作品の迫力を感じ取れる

 

何と言っても、大型本であることが大きな魅力です!

ひとつひとつの絵がページいっぱい、なんなら見開きでドーンと載っているので迫力があります。

といってもB4変形、40ページ程度なので重くもなく、子供に読み聞かせるのに手も痛くなりません :mrgreen:

美術館にいっても一つの絵の前にそんなに何分もいられず、(足も疲れる)こんなにしっかり見たことはありませんでしたので細かいところまでじっくり見られるのも嬉しいですね。

 

「おはなし名画シリーズ」のラインナップ

「モネとマネ」の違いって?(そもそもどんな絵だっけ・・・)

 

以前どこかの美術館でモネの「睡蓮」を見て、とても素敵だなと思っていたので今回「マネとモネ」を購入しました。

ヨーロッパの絵画って、細部まできっちり描かれているのものもすごいですが、モネのような「印象派」とよばれる光と陰のぼんやりした(語彙力・・・)絵がわたしは好みです。

マネさんについてはほぼノー知識 😎 でした。

名前が似てるなーくらいしか思っていなかったのですが(すみません)

同時代に生きていて、しかも知り合いだったんですね!

マネがモネの家族をモデルに絵を描いてたりしていたりなど、色々なエピソードが描かれているのでとてもとっつきやすいです。

 

 

 

「おはなし名画シリーズ」について

 

おはなし名画シリーズは以下の20冊のラインナップです。

  • ゴッホとゴーギャン
  • ローランサンとモディリアーニ
  • ルノワールとドガ
  • アンリ・ルソーとシャガール
  • ボッティチェリと花の都フィレンツェ
  • マリアさまの生涯
  • マネとモネ
  • 平山郁夫のお釈迦さまの生涯
  • レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ
  • ピカソ
  • セザンヌとスーラ
  • マティス
  • 平山郁夫と幻三蔵
  • クレー
  • ミレーとコロー
  • ダリ
  • フェルメールとレンブラント
  • 琳派をめぐる3つの旅
  • 葛飾北斎
  • イエスの誕生と噂の壁画

それぞれ独立しているので、好きなものや気になるものだけ読むのでもいいかと 🙂

いくつかリンクのせておきますね!

 

 

 

子供の教育だけでなく、親の学び直しにも最適です!

 

仕事と子育てにおわれているとなかなか自分の勉強になることってできないですよね。

でも人生まだ半分くらい(たぶん)。

学ぶのをやめるのは勿体無い。

だったら、子供と一緒に未知の分野に挑戦してみるのも良いのではないでしょうか 🙂

アンパンマン作者の故やなせたかしさんも絶賛しているこのシリーズで、わたしも子供と一緒に学びたいと思います。

↓ポチっと応援していただければ嬉しいです。 にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です