小学生から始めるプレゼンテーション!

こんにちは。

子供が3人もいると、年に3回も誕生日がやってくるし、クリスマスやちょっとしたお祝い事などがあるとすぐに何か買ってくれと言われます 🙄

最近は、子供からの誕生日プレゼントよこせコールが、年々激しさを増しています。

おもちゃ屋さんに行かなくても、友達やテレビや本で色々情報を仕入れてくるのですよね、やつらは。

うちの小4男子も、ことあるごとに

「switchほしい」

「カードゲームほしい」

「ミニ四駆ほしい」

「ゾイドほしい」

と、欲にまみれた発言を繰り出してきますよ。はあー・・・。

 

プレゼントに欲しいものをプレゼンテーションせよ!

 

あまりにもしょっちゅう欲しい欲しいコールをしてくるのがうるさいので、

「きちんとまとめてプレゼンしなさい!」

と社会人っぽく言ってみたものの、自分も家で

「あー、寒くなってきたからあったかい服が欲しい、サンタさんが持ってきてくれればいいのに」

って欲望を呟くくらいしかしてないし

プレゼンのやりかたが分からないよね・・・と思い。

どうせなら、これを機会にすこしずつ教えていこうかなと思ったのでした。

小学生が誕生日プレゼントおねだりをプレゼンする方法

 

といっても、小学4年生。

何をどこまで・・・?と考えたのですが、以下の2つのことを目標にしてみました。

プレゼンテーションの目的と方法をざっと知る

 

「これほしいほしい、これ買ってこれ買って(×1億回)」

と連呼する以外の方法があるということを教え 😈 、およその方法を教えることを目標にしました。

パワーポイントでプレゼンさせる

せっかくなので、最終的にはパワーポイントプレゼンテーションしてもらうことを目標にしました。

パワポの使い方とか、文字入力にも慣れて欲しいですしね。

参考にした本はこちら

わたし自身は仕事で発表やプレゼンテーションをする機会が今はあまりなく。

偉そうに教えられるほどのもんじゃないんですよ・・・。残念ながら・・・。

ということで、ネットで「小学生」「プレゼンテーション」などでレッツ検索♪

その後本屋さんでもチェックして買ったのがこちら。

 

内容がわかりやすく、実践的でとてもよかったです!

先生と子供2人の対話形式で進行。

それぞれ、

  • 犬を飼いたい ⇨ パワーポイントで発表
  • 好きな街の紹介 ⇨ 模造紙でポスター発表

という流れになっています。

 

小学4年生が初めてプレゼンするまでの段取り

 

それでは、今回うちで取り組んだプレゼンまでの段取りをおしらせします。

1 本を熟読して段取りをつかむ

先ほどの小学生からはじめる伝える力が身につく本 プレゼンテーション [ 山崎紅 ]を渡し、読んでもらいました。

子供にとって読みやすかったようで、

「すごくわかりやすい!」

と言いながら読んでいました。

特に作中の

「犬を飼いたい男の子が家族にパワーポイントでプレゼンする」

というシチュエーションが今回の

「誕生日プレゼントに欲しいおもちゃをパワーポイントでプレゼンする」

という目的とぴったり合っていたため、とても参考になったようです。

2 発表内容を紙に書き出しながら考える

いきなりパワーポイントを立ち上げるのではなく、まずは何をどのように伝えるのかが重要です。

上記の本の中に手順が書いてあるので、それにそって

  1. テーマを決める⇨目的とゴールを考える
  2. 伝えたいことを書き出す⇨分類する
  3. ストーリーをつくる
  4. 聞き手の立場で考える
  5. 証拠や具体例をみせる

の内容を、ノートを見開きで使い、書いていきました。

 

3 パワーポイントでスライド作成

 

ここが手間取るかなーと思ったのですが、意外と手間がかからなかったです。

もともとたまにプログラミングゲームなどを少ししていたので、

文字入力も全く初めてではなかったのもあります。

(指1本で打ってるけど・・・)

本の中にスライドの例もあるのでだいたいのイメージはつかめていたようで、

  • 見出しの付け方
  • 画像の検索方法と取り込み方、引用方法
  • 文字入力、修飾などの方法
  • スライドのレイアウト

など横に座って教えたところ、すぐに覚えて使えるようになりました。

おそるべし、子供の記憶力・・・!!(興味がある事限定だけど)

わたしなんて最近新しいことは3回聞いても覚えられないのに・・・涙。

 

4 パパ、ママがそれぞれ見て何回か修正をかける

 

本にそって作成したといっても、そこはやはり初めての経験。

大人から見ればおかしなところがたくさんあります。

例えば、おもちゃが欲しい理由をいくつか挙げてあるのはいいのだけれど、それが

「持っていないから。」

・・・。まあ、そりゃそうなんだけどね・・・。

それは新しいおもちゃを持っていないのは当然で、理由になっていないよね、と説明して変更したり。

なるべく子供が頑張った部分を潰さず、でも大切なところはきちんと教えるように心がけました。

まずは私が手伝い、3つほど修正させてからパパにバトンタッチ。

また違った視点で改良してもらいました。

気をつけたのは、直しすぎない事

あくまでも子供が初めて取り組んだスライド作り。

自分でできた!という達成感をもってもらうことも大切だと思ったので完成度の高さは求めませんでした。

4 話す練習をする

 

スライドを作って終わりではなく、きちんと最初の挨拶から最後の挨拶まで話す練習をさせました。

まあ、おもちゃを買ってくれという単純な内容で、スライド10枚程度なので発表自体も5分以内に終わる簡単なものなのですが、

人に聞いてもらうことを目的としているので、丁寧な言葉遣いで、わかりやすく発表できるように数回練習しました。

本当はこの時点で誰か家族以外に見てもらえればより良いフィードバックがもらえると思います。

 

いざプレゼン!誕生日プレゼントはもらえたのか??

 

両親の前で、PCを用いてプレゼンテーションしてもらいました。

一緒に作成し、練習したので出来栄えはまずまず。

本人は緊張していたようですが、達成感もあったようでよかったです。

しょうがないからSwitch買ってあげるか・・・ 🙄

 

親子ともにとても良い経験になったので、次からもプレゼンしてもらうようにしようかなと思ってます 🙂

 

ではではまた!

 

↓ポチっと応援していただければ嬉しいです。 にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 人気ブログランキング



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です