1歳児が喜ぶ!我が家の大人気絵本

ご覧いただきありがとうございます。

私はとても本が好きで、読み始めるとなかなか途中で切り上げることができないタイプです。

ですので、子供にも本に親しんで欲しくてたくさんの絵本を買ったり借りたりしてきました。

本屋さんで可愛い絵本たちをみると、親の方がテンションが上がってしまったりしますよね。

表紙が可愛い絵本を飾ったらインテリアとしてもステキ♪などと思っていました。

しかし、ある時気付いたのです。

子供が好きな本と、親が買ってあげたい本は違う

 

親としては、絵が美しく、ストーリーもわかりやすく教育的だったりする本を買ってきます。

しかし、相手は1歳児。

ストーリーなどはまだ理解できないのですね。

読んでる途中で閉じられたり、次々とページをめくられること多し…

子供の食いつきがいいのは、

  • 絵柄が素朴
  • ストーリーどうこうというより、繰り返し表現があるもの
  • 背景があまりなく、登場人物(キャラクター)が目立つもの

などの特徴を持った本でした。

1歳児にオススメの絵本5冊はこちら

うちの子供たちが、1歳頃にとても食いついた絵本をご紹介します。

  1. おふとんかけたら
  2. おしくら・まんじゅう
  3. コップちゃん
  4. 1さいだもん
  5. おべんとうバス

1.おふとんかけたら かがくいひろし作

かがくいひろしさんは、「だるまさんが」などのだるまさんシリーズでも大変有名ですよね。

保育園には必携みたいですし、知っている方も多いと思いますので、あえてだるまさんシリーズではなくこちらを挙げました。

「おふとんかけたら」は表紙のソフト(クリーム)さんをはじめ、様々なキャラクターたちにお布団をかけたら・・・次ページで、どうなったかが描かれています。

とても単純な展開なのですが、それぞれのキャラクターにぴったりのお布団の柄だったりと細かいところにも気がつくと子供と共に親も嬉しくなってしまいます。

2. おしくらまんじゅう かがくいひろし作

こちらも、かがくいひろしさん作です。

実は最初手に取った時は、絵柄がちょっと素朴すぎてインテリア的にはあまりパッとしないなあ(失礼)などと思っていたのですが、子供が気に入りすぎて、うちの神絵本となりました(笑)

こちらも、紅白饅頭の二人(?)が、他のキャラクターを挟んでおしくら饅頭をすると・・・次ページで、どうなったかの結果が描かれます。

納豆などを挟んだらどうなるか、想像してワクワクしながら読み進めました。

そして最後は・・・ 意外な終わり方をして、これまた子供がキャッキャと喜びます。

 

3. コップちゃん 中川ひろたか・ぶん 100%ORANGE ・え

こちらは、色々なところでお目にかかる100%ORANGEさんの絵ですので、大人のオシャレインテリア欲も満たしてくれます。

絵本業界では安定の中川ひろたかさんですので、中身も間違いない感じ。

とても可愛いコップちゃんが、見開きの中で動き回ります。

コップちゃんの動きに合わせて子供も体を揺らして遊んでいました。

 

4. 「1さいだもん(ふれあい親子のほん)」無藤 隆

こちらは、一つのお話ではなく、雑誌のように写真、イラスト、歌、しかけ、などのコーナーがいくつも入っている本です。

絵本って、イラストのものが多いですよね。

実物の動物を見る機会があまりないと思うので、写真入りのものを探していたらこちらを発見。

初めての図鑑的にも使えます。

もちろん可愛いイラストのページもたくさんあり、全てを網羅している印象です。

1歳の誕生日プレゼントにもらったら嬉しいですね

 

5. おべんとうバス 真珠まりこ 作・絵

こちらも保育園で読んでもらった子も多いかもしれません。

真っ赤なバスに、ハンバーグなどのお弁当の中身のキャラクターたちが次々に呼ばれて乗り込んでいきます。

子供も見たことがある食材ばかりなので親しみやすく、食べ物の名前を覚える練習にもなりますね。

最後のページでは目を輝かせて食い入るように見つめていました(笑)。

 

 

 

登録してみました。ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。