休みの日に子供と遊びたいゲーム5選

ご覧いただきありがとうございます。

北海道や東北地区では大雪も降り、いよいよ冬本番といった感じですね。毎日いそがしい共働きのご家庭も、明日で仕事納めの方も多いと思います。

となると、これからやってくるのは、「子供たちとの長すぎる濃密なふれあい時間」

実際、朝から晩まで子供たちと過ごすわけですからね…。この長すぎる時間、少しでも楽しく、そして子供がおりこうさんになるように過ごしたいですね~!

というわけで、今回は「幼児から小学生くらいを対象にしたゲーム」がテーマです。我が家にあるもの、親戚・お友達がもっていて実際に遊んだことがあるものの中から、「これは良い!」と思ったものをご紹介させてください。

判断基準としては、小さい子でも楽しめること、少人数でも楽しめること、頭を使うこと、そして何より、1ゲームが約15分~20分以内に終わること  です!

1.ヒューゴ おばけと鬼ごっこ

2~8人用です。

すごろくのようにサイコロを振って、自分の駒を進めます。サイコロには数の目の他、オバケの目があり、それがでるとオバケの駒を動かすことになります。オバケに追いつかれると自分の駒(複数ある)がとられてしまうので、とられないようにどの駒を動かすかを考える練習にもなります。

オバケに追いつかれそうになるのがハラハラして悲鳴を上げながら、幼稚園年少から大人まで楽しんでいます。

ボードの裏表2面でルールの難易度がかわるので、大人だけでやっても意外と面白いです。

2.ネコとネズミの大レース(Viva Topo!)

2~4人用です。1と似ていてサイコロをふるボードゲームです。駒は1匹のネズミで、猫につかまらないようにしながらチーズを多く集めたものの勝ちです。

安全策をとって早めに小さなチーズをとって妥協するか、猫につかまるリスクを冒しながら大きいチーズをとりに行くか。子供たちの性格も出て面白いですよ。

 

3.zicke zacke

2~4人用です。

神経衰弱をしながら手持ちの鶏の駒を進めていきます。ほかのプレーヤーを追い越すと、そのプレーヤーの鶏の尻尾をとることができ、尻尾をとりおわったら勝ちです。

神経衰弱のカードは卵や花など分かりやすいものばかりなのに、全然覚えられません…。わたしは本気でやっても小学1年生に勝てませんでした…。自分の短期記憶力の低下に愕然とさせられます(笑)

4.ブロックス(Blokus)

2人~4人で遊べる陣地とりゲームです。

様々な形(テトリスのような)のピースがあり、それを決められた規則でボードにおいていくことで陣地を広げます。規則といっても本当に簡単で、自分のピースの角に触れるようにしか置けない、というだけです。最初は簡単ですがだんだん難しくなっていくのが本当に面白く、大人でも頭を使います。

対象年齢としては、うちは年長さんくらいから楽しめました。それ以下だと、ピースは置けても戦略を考えたりは難しいかな。

↓難易度上がった新しいバージョンもあるみたいです。欲しいな…

5.アルゴ (algo)

2人用の数字あてゲームです。

お互いに規則通りにカードを伏せて並べ、相手のカードに書かれた数字を当てます。自分のカードの数字と、ゲームを進めるにつれて分かる条件をヒントとして推理し、相手のカードを全て取ったら勝ちです。

これもただ当てるだけなら年少さんからできますが、年長さんくらいからが本当に楽しめる年齢でしょうか。最初はあてずっぽうだった子供が、だんだん戦略的になっていくのを感じると「成長したなあ」と思いますよ。

長期休みはボード、カードゲームで家族で遊びましょう♪

家族そろって時間を気にせずゆっくりゲームに興じることができる機会ってじつはそんなにないですよね。普段忙しい両親に遊んでもらうことって、子供は親が思うより喜んでくれます。

また、年末年始に帰省した際におじいちゃんおばあちゃんやいとこ達と会うこともありますよね。そんなときもルールが分かりやすく、すぐに楽しめるゲームがあるとあっという間に盛り上がります。

小さい子は負けると泣いてしまったりもしますが、それもまた経験。上の子たちのやり方を見て、実はこっそり学んでいたりもします。

親にとっても頭の体操、記憶力の低下に歯止めをかけるために、たまには思いっきりゲームに興じてみるのも良いかもしれません。

今回は5つしかご紹介できませんでしたが、まだまだご紹介したいものもありますので、いずれまた機会を見つけて記事にしたいと思います。

 

 

↓登録してみました。ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。