ふるさと納税 蜜入りリンゴがすごかった

ご覧いただきありがとうございます。

野菜の価格が高騰していますね!スーパーにいっても、

キャベツ1個 398円

白菜1個 420円

葉物野菜が好物の私としては、非常につらいです。

野菜を食べないわけにいかないので、その分果物を購入するのを控えたりしていました。

そんな中、待ちに待ったふるさと納税のリンゴが到着!とっても立派なりんごでした!

蜜入りりんご「みつまるくん」がすごかった

 

今回、少し奮発して、「量より質」にしてみたんです。

「青森県弘前市」の、「サンふじ みつまるくん 5kg」
 寄付額20000円です。

普段スーパーで購入するリンゴとどれくらい違うのかを確かめてみたかったので、ちょっとお高めでしたが頑張りました。

 

ふるぽランキング第2位!!(りんご部門)
弘前市相馬地区で収穫された、JA相馬村の蜜入りブランドりんご「みつまるくん」。

糖度13度以上、蜜入りの割合が果肉全体の30~70%のりんごです。

JA相馬村の最新式の光センサーによる選果システムにより、色や大きさはもちろん、蜜が入っているかを選別。基準に合格したものだけが、
JA相馬村の「みつまるくん」として出荷されます。

(ふるさとチョイス 青森県弘前市のページより引用)

 

とのこと。届くのを心待ちにしていました。

真っ赤なリンゴが16個!

 

 

 

段ボールを開けてみると、真っ赤なリンゴが16個ぎっちりつまっていました。

「まるで白雪姫に出てくるリンゴだね!!」と興奮気味に家族に語ると、

「毒リンゴだったら困るけどね」と、冷静なツッコミが…

蜜たっぷり、果肉シャキシャキ

切ってみると、蜜がたっぷり!写真では伝わらないのですが…。

 

 

 

甘いのですが、適度な酸味もあってすっきりした甘さです。

そして、果肉はシャキシャキ

もっさりしたリンゴがあまりすきではないので、この触感が嬉しい!

りんごの「蜜」ってなに?

 

そうそう、昔から「蜜が入っているリンゴは甘くておいしい」といいますが、そもそも「蜜」ってなんですかね?

ちょっと調べてみると、

  • リンゴの蜜は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種
  • 葉の光合成で生成されたソルビトールが果肉へうつり、果糖、ショ糖になる
  • リンゴが完熟すると、ソルビトールはそれ以上変換されず、果肉内にたまり、「蜜」となる
  • ソルビトールそのものの甘味は果糖、ショ糖より少ない(6割程度)

とのことです。つまり、

完熟しているから果肉は甘いが、蜜の部分は甘くない

 

いやー、積年の疑問が解決されました!

蜜入りリンゴで元気100倍!

 

こどもたちも大満足だった「みつまるくん」。

早めに食べないと、蜜が吸収されおいしさが低下すると説明書きにあったので、早めにいただきまーす 🙂

 

↓ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。