【夫のこと】簡単に信じない。常に疑う。

こんにちは。

ノーベル医学・生理学賞を日本人の本庶佑さんが受賞しましたね。

おめでとうございます!

基礎研究というのは、本当に忍耐力が必要な地道な仕事です。

わたしには全く向いていません・・・。

基礎研究に従事される方を本当に尊敬しています。

 

さて、その本庶氏ですが、インタビューで「心がけていること・モットー」を問われてこう述べています。

「何か知りたいという好奇心と、簡単には信じないで常に疑うこと。」

これを目にして、もちろん研究者として素晴らしいとおもった反面、

「簡単に信じないで常に疑うって、これ、うちの夫もだ・・・」

「簡単に信じないで常に疑う」を日常生活にもちこむと・・・

 

まあ、うざいです。(笑)

わたしと夫は同業者(医師)です。

ある日のやりとり。

私:「ねえねえ、みてこの論文!〇〇が〇〇って結果らしいよ」

 

夫:「でもさー、この論文そもそも、統計の出し方が中途半端。〇〇は〇〇っていうけど、〇×△※・・・・・(延々とつづく)」

 

私「・・・。(テンション下がる)」

 

わかります??

私が何か、ポジティブな感情をもって話したことに対して、冒頭から

「でもさー」

で斬られるときのモヤモヤ感!

 

私としては別にいきなり論文の中身を議論したくて話しているわけではなく。

まずは、「へえー、そうなんだ!」っていうやりとりがしたい!

そこから広がる会話の中で、「あ、でもこれってちょっと変かもね?」ってのが出てくるのはwelcome!なのですが

いつもいつも、「これって、そもそも違くない?」と謎の上から目線。

 

モヤモヤしていたのですが、科学者としては必要な素質なのか・・・。

 

 

 

じぶんが「そう」だから、他人も「そう」だと思ってしまう

 

うちの夫の性格は、「一見おおらかにみえて実は慎重すぎる」というものです。

本人も「石橋をたたきすぎて石橋を壊すタイプ」と自覚しています。

 

以前、こんなこともありました。

大学院のとき、夫がメインでしていた研究が、ある程度の結果を出したことがあります。

もちろん「大発見!」とかいうレベルのものではないのですが、論文がそこそこの雑誌にのりました。

あるマスコミから、研究室に問い合わせがあり、ぜひインタビューをしたい とのことでした。

上司は「では、〇〇くん(夫)に」と花をもたせてくれました。

 

しかし!

 

夫氏、「研究結果に不備があったりして、マスコミの餌食になって、社会的に抹殺されるかもしれない・・・ガクガクガク」

となり、考えすぎて不眠に。

(当時は、小保方晴子さんの件などがあった頃でした 🙁 )

結局、マスコミ対応は上司の方にお願いすることになりました・・・。

 

わたしとしては謎すぎる出来事でした。

自分がやった成果を認めてもらえたのだから、堂々と対応すればいいのに。

もちろん膨大なデータでしたので、気づかないミスなどはあるかもしれない。

完璧かと問われれば、不安になるかもしれない。

でも、世の中の研究ってそんなもんじゃないのかな??

何か指摘されたら対処すればいいし

そもそも世の中の99、9%以上のひとはあなたの論文に興味がないと思うから大丈夫!

・・・などなど励ましてみましたが、全く刺さりませんでしたね。

 

何でだろう?と思っていたけれど、ようやくわかりました。

彼は自分が「でもさー」から入る「常に疑うひと」なので、

自分の論文も他人にそう扱われるに違いないと予想できてしまうのですね。

 

それならそうで、「望むところだ!議論しようぜ!」

となればいいのですが、「マスコミから社会的に抹殺される不安」に負ける(笑)

 

まあ、夫の人生は夫のものですし、

社会的に成功したとしても、心が病んでしまってはどうしようもないですからね。

これで良かったのかもしれません。

 

わたしはもともと、考察するのが苦手です。

なので、種類を問わず「研究」をしている方を尊敬しています。

そして、できれば自分も夫のように優秀だったらなあ・・・といつも羨ましく思っています。

でも夫は夫で「君のように、細かいことを気にしない性格だったら良かったな・・・。」

と言っています。

長所と短所は裏返しって、本当ですね。

 

ではではまた!

夫関連記事はこちら。

繊細かと思いきや、ぐーすか寝ている。

夫がまた寝てる!イライラするのはこんなシチュエーション 夫がまた寝てる!対策編 義母への母の日プレゼントをめぐる夫婦の争い

慎重に計画を練るので、成功することもあります。

夫、賃上げ交渉成功

わたしもおこずかいアップ交渉しようか・・・負けそう。

共働きの夫婦のお小遣い事情 うちは・・・

やっぱり今年も大掃除でボーナスもらおう。

夫婦で争奪戦?!大掃除における報酬制

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です