インフルエンザの新たな薬がでます!

前回、インフルエンザの流行状況について記事にしたので、インフルエンザ関連について調べていました。

恐るべしインフルエンザ

今日はインフルエンザの新薬、「ゾフルーザ」 について記事にしてみたいと思います。

医療関係者ではない方々に分かりやすいように、なるべく専門用語を使わずにカンタンにしてみますね。

いま使われているインフルエンザの薬は主に3つ

インフルエンザの薬は数種類ありますが、現在一般的によく使われているのは以下の3つです。

  • タミフル(飲み薬)
  • リレンザ(吸入薬)
  • イナビル(吸入薬)

特にタミフル、リレンザは聞いたことがある、服用したことがある方が多いのではないでしょうか。

イナビルは一番新しいですね。他の二つが5日間服用する必要があるのに比べ、イナビルは一回吸入するだけというのが特徴です。

いずれにしてもこれら3つはノイラミニダーゼ阻害薬といって、同じメカニズムでインフルエンザウイルスの増殖を防ぐおくすりです。

(ラピアクタという注射薬もありますが、基本的に内服や吸入ができない人が使うので、省いています)

飲み薬と吸入薬、どちらがいいか。

インフルエンザは気道で増殖するので、吸入薬はすぐに効き目があり、理にかなっています。

ただ、うまく吸入できるかどうかなどにも左右されるので、担当医が判断します。

シオノギ製薬の新しいインフルエンザの薬が製造販売承認されました

「先駆け審査指定制度」という制度をご存知ですか?

厚生労働省の「先駆け審査指定制度」という制度があります。

  • 今までの薬と違うメカニズムで
  • 生命にかかわる重要な疾患に対し
  • きわめて高い有効性(安全性も含む)が期待される
  • 世界に先駆けて日本で申請する医薬品

これらを満たす医薬品を優先的に審査する制度です。

今回記事のシオノギ製薬「ゾフルーザ(一般名 バロキサビル マルボキシル)」はこの制度を利用して2018年2月23日に製造販売承認を得ました。

インフルエンザウイルスが増える仕組み

そもそも、インフルエンザウイルスは体の中でどのように増えるのでしょうか。

簡単な図を描いてみました。

かなーり単純化した図ですので、いろいろツッコミあるとおもいますが…御愛嬌ということで…。

図のなかの番号①~⑤の順にインフルエンザウイルスの増殖が起こります。

 

①インフルエンザウイルスが自分の気道の細胞に入り込む(吸着・侵入)

②外側の膜を脱いで中身を出す(膜融合・脱殻)

③自分の細胞の核にはいり、ウイルスの材料をつくる(転写・複製)

④増殖したウイルスが細胞の外にでる(出芽)

⑤細胞外に出て他にひろがる(遊離・放出)

インフルエンザのくすりが効くしくみ

今のところ、体内に入ってきたインフルエンザウイルスを直接破壊するくすりはありません。

細胞内に入ったウイルスの増殖を防ぐことで効果をあらわします。

現在使用されているタミフル、リレンザ、イナビル、(ラピアクタ)は、をジャマすることで、ウイルスの増殖を防ぎます。

新薬のゾフルーザは今までと違うメカニズムではたらきます

今回製造販売承認をうけた「ゾフルーザ」は、を邪魔することでウイルスの増殖を防ぎます(※)。

ですので、ウイルスが十分増殖してしまった後はあまり効果がないと思われます。

このあたりは、今までのくすりと同じですね。治療開始は発症から48時間以内が目安です。

また、治験では副作用などで目立ったものはないようですが、実際販売して使われてみないとわからないこともあります。

今までのくすりとの使い分けも、これから確立されていくのでしょうね。

薬剤耐性の観点からも、治療の選択肢が増えるのは良いことだと思います。

 

 

※具体的には「キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬」といいます。

詳しく知りたい方には、シオノギ製薬のサイトのアニメーション動画も分かりやすいです。

ゾフルーザはもう使えるの?

2018年2月23日に製造販売承認をうけて現在販売準備中です。

インフルエンザは主に冬季がシーズンなので、本格的に使われるのは来シーズン以降になりますね。

添付文書を確認してみたのですが、のみかたは1~2錠を1回飲むだけですので、飲み忘れなどはなさそうですね。

小児に対しても、10㎏以上の体重があれば内服可能なようです。

 

古くからひとびとを苦しめてきたインフルエンザ。

苦しむひとが少しでもへることを願っています。

ちなみにうちの長男はリレンザ吸入ですでにすっかり元気になりました 🙂

 

 

↓出席停止で外出できないときはやっぱりネットスーパーが便利ですね。

↓ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。