画面キャプチャーはSnipping Toolで簡単!

全国的に雪がすごいですね。

子供は大喜びでしょうが、大人はげっそり…

早く春が来てほしいです。こんな日々はおうちにこもってPC作業でもしましょうか。

雪とは全く関係ないですが、本日のテーマは「Windows画面キャプチャ機能のSnipping Tool」です。

ご存知の方も多いと思います。わざわざここで記事にするまでもないかもしれませんがこのブログは私の備忘録も兼ねているので書いちゃう 🙂

画面キャプチャって使ったことありますか?

 

PCでサイトなどを読んでいて、これ印刷しておこうっていうことありますよね。

ただ、この画像と表だけあればよくて、全体はいらないんだよなーってことも多いと思います。

「見ている画面のここだけ」欲しいとき、どうしますか?

「スクリーンショット」して、画像加工ソフト(ペイントなど)でトリミングする

というのが一般的かもしれません。

ただ、数が多くなってきたりすると、わざわざいらない部分をけずるのが面倒だったりも。

そんな時には「画面キャプチャ」という機能が便利です。

キャプチャってなに?

キャプチャ、またはキャプチャー。英語でcapture。

キャプチャとは、ディスプレイに表示されている静止画像や動画像を、画像データとしてファイルに保存することである。

(weblio辞書より)

文字データではなく、見たままの姿(画像データ)で残して利用するときに便利です。

例えば、こんなかんじ。

自分の好きな範囲を指定して画像データにすることができます。

Windowsに標準装備されているSnipping Toolが簡単です

 

画像キャプチャソフトはフリーソフトも含めて色々あります。

私は今までフリーソフトの「WinShot」を愛用していました。

こちらから、無料でダウンロードでき、機能もそろっています。

ただ、最初使い方がよくわからず手間取りました。たくさんの人に使われているソフトなので、検索するとたくさん答えがでてくるので、調べながら使っていました。

今回偶然snipping toolのことを知り、ふつうはこっちのほうが使いやすいのでは…とおもった理由は主に2つ。

ダウンロードがいらない

windowsに標準装備されているので、ソフトウェアのダウンロード、インストールが必要ありません。

これって、結構重要じゃないですか?

ウイルス感染などの恐ろしさが知られている昨今、無用のダウンロードはなるべく避けたいところ。

もちろん、WinShot は安全で、PC作動速度も遅くなったりしませんが、それでも何となく心理的に、大手の会社以外からのダウンロードって不安がある方も多いと思います。

PC素人の私のような人間は特に(笑)

使い方が単純明快

当たり前ですが、windows使用になっているため、細かい設定などが要りません。

使用方法も単純で直感的にわかるようになっています。

画像キャプチャという作業は、本来の「目的」ではなく「手段」であるので、ここに頭脳や時間を割いている暇はないのです。

 

Snipping Toolの使用方法

1.Snipping Toolを起動する

スタート→Windowsアクセサリ→Snipping Toolを開いて起動します。

2.切り取りたい範囲を指定する

 

起動すると下のような操作ウィンドウが現れます。

 

「モード」を押して、どのような形に切り抜くかを指定します。

自由形式だと、マウスをつかってフリーハンドで範囲を指定できます。当サイトのトップ画像から、雲形にくりぬいてみました。

 

一般的には「四角形の領域切り取り」、またはウインドウ全体をとりたいときは「ウインドウの領域切り取り」でしょうか。

画面いっぱいであればスクリーンショットでいいですからね…。

ペンで書き込みもできる

 

個人的にはこれがWinshotより便利だなあと思いました。

切り取った画像を他のプログラムから開かなくても、そのまま簡単なメモ書きなどができます。

操作ウィンドウにはペン(赤、青、黒、カスタム)や蛍光ペンのボタンもあるので、適宜書き込みできます。

下の図ではミカンの図と矢印、みかんという文字をかき、蛍光ペンで下線をひいてみました。

 

Windows10だと「遅延」機能が使えて便利

 

以前のバージョンにはなかったこの「遅延」機能。

デフォルトでは「待ち時間なし」となっており、新規作成をするとすぐにキャプチャ機能が始まりました。

ただ、これではスタート画像や右下のカレンダー画像などは、キャプチャ開始とともに消えてしまい、キャプチャできませんでした。

これを、「5秒間遅延」などに設定すると、新規作成開始ボタンをおしてから、5秒間猶予が与えられます。

5秒間の間に急いで目的の画面を表示するとキャプチャ可能になります。

これについては文字で説明するのはややこしいので、スタート画像やカレンダー画像をとる必要にせまられたら思い出していじってみれば大丈夫です。

保存する

 

ファイルタブから名前を付けて保存すればOKです。

保存場所ももちろん自由に選べます。

PNG,GIF,JPEG形式のどれでも使えます。

 

 

Snipping Toolは初心者にやさしい機能です

 

普段ネットサーフィンとメール、たまにパワーポイントくらいしかPC作業をしてこなかった私ですが、このSnipping Toolは初心者でも直感的に使えるようになっていてとても便利に思いました。

ブログを書きはじめて、特に使うようになった「画面キャプチャ。」

少しでも簡単に、楽に作業ができるように模索していきます!

 

 

↓ポチっと応援していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。