武田製薬の株でデイトレしてみた

こんにちは。

今年になって本格的に?始めた株投資。

少しずつですが、恩恵を被っています。

すかいらーく優待券つかって、しゃぶ葉で食べ放題 ポーラ・オルビスの株主優待品が届きました!

ズボラなので株価チェックや業績チェックなどの勉強が不十分で、基本は株主優待が目的。

でも少しはキャピタルゲイン(売買差益)をゲットしてみたいなーと思って、

最近ちょこちょこチェックしてみていた株のひとつに武田製薬があります。

武田製薬、シャイアー買収でメガファーマに

 

武田製薬といえば日本を代表する製薬会社です。

わたしも医師という職業柄、武田製薬の薬は多数知っていますし、実際処方しています。

しかし、これまであまり会社について調べることはありませんでした。

最近特許切れが続いているそうで、今後の戦略が注目されていたみたいです。

シャイアー社はアイルランドの大手製薬会社で、消化器・中枢神経系疾患など希少疾患に強みを持っているとのこと。

同社のアメリカでの事業基盤も武田が受け継ぐことになります。

現在、ひとつの薬をつくるのには莫大な開発費・時間がかかります。

開発にいちから着手するより既存の会社を買収し、開発スピードをあげ、市場の開拓をするほうが効率が良いのですね。

しかし、その買収金額は約7兆円

わたしのような庶民にとっては天文学的な数字!

「だ、だいじょうぶなの?」

と思ってしまいます。

現に、日本の企業としては過去最大の買収とのことで、国内外の注目度も高いようです。

長期的な株価はわからないけど、短期的には変動する!

あまりの巨額なM&Aであり、今後この判断が吉と出るか凶とでるかはわかりません。

株価もずっと右肩下がりでした。

本日までのチャート

ただ、ゴールデンウィーク明けに相手側からの買収合意がとれたことから、5月8日頃から株価は一旦底を打って動き出したようにみえました。

そこで、ちょっと買ってみたい気がむくむく 😛

最近デイトレード関連の本を読んだこともあって、毎日ちょっとドキドキしながら株価を追っていました。

株価の推移をみて、スキャルピングに挑戦してみました

 

スキャルピング、とはいわゆる「薄利多売」というやつです。

ほんの少しの利益確定を1日何回も繰り返していきます。

ロスカットもこまめにすることで、「大きく勝たないが負けにくい投資」とされています。

今回、仕事がない日に2、3時間、株価をこまめにチェックしながら売買にトライ。

1回目はビクビクしすぎて失敗しました

円で現物購入、トレーダーのようにずっと釘付けというわけにはいかないのですが、数分に1回はスマホで株価チャートをチェック。

さすがに出来高も多く、一刻一刻と上げ下げします。

たいして戦略もないまま(素人の戦略なんてあってないようなものですが)、売るタイミングをみていましたが、ずるずると下がってきてしまい、あせって損切り・・・・。

結局1株4609円で買って4,605円で売り、400円の損失です。

売買手数料も1回あたり250円×2回(往復)あるので、900円マイナスとなってしまいました。

2回目、少し慣れて微益とれました

次の日は、手数料を考え、2000円くらいは利益が欲しいと思って参戦。

我慢するぞーと思っても、下げ始めると焦って手に汗握りますね・・・。

4,488円で買って、4,515円で売り→2,700円の利確。(税金考慮せず)

手数料500円をひくと、2,200円のプラスになりました。

スキャルピングは集中できる時間、精神力がある人向けですね

 

結局これで一旦終了。

いつのまにか息を詰めていたのか、終了後どっと疲れましたー。

 

 

何だかんだ言って3時間くらいチャートとにらめっこしていたのですが、約1300円の利益しか出せませんでした 😉

時給にすると微妙ですね・・・。

でもちょっと面白かったので、また心身ともに元気な時に(笑)挑戦してみたいと思います。

これは、集中できる時間がまとめて数時間以上あること、精神的に元気であることが必要ですね。

 

↓今回読んだ本。わかりやすく、問題集形式になっているので実践練習になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です